MENU

ONLINE STORE オンラインストア
卓越した味わい 花のような香り 柑橘系のフルーツの
爽やかさ
ベリーの果実感 個性豊かな
アフリカンコーヒー
心地よいバランス ナッツのような味わい チョコレートのような
味わい

フレンチプレスの淹れ方をご紹介

丸山珈琲の店舗では、主にフレンチプレスでコーヒーを提供しています。金属のフィルターで濾すフレンチプレスは、コーヒーの油分まで余すことなく抽出できるため、コーヒーの素材本来のおいしさをお楽しみいただけます。また、熱湯を注いで4分待つだけと、淹れ方も簡単で、誰にでもいつも同じ味わいのコーヒーが淹れられます。日本では紅茶を淹れる器具としてよく知られていますが、もともと海外ではコーヒーを淹れるための器具として愛用されています。


 



準備するもの

・フレンチプレス
・コーヒー豆(プレス容量 350ml=17g/湯量 300ml、500ml=27g/湯量 500ml、1000ml=47g/湯量 850ml )
※粉量はお好みで1〜3g程度増やしていただいても。
・熱湯(沸騰直後の熱湯)
・タイマー(4分計測)

STEP 1

必要なものを準備し、コーヒーの粉をフレンチプレスに入れます。

STEP 2

熱湯を注ぎ始めると同時に、4分の計測開始。一湯目は、プレスの半分くらいまで注ぎます。
※熱湯は粉全体にお湯が行き渡るように注ぎます。

STEP 3

ガスと粉と液体の3層になっています。※ガス量は豆や状態により異なります。

STEP 4

タイマーが30秒ほど経過したら、二湯目を注ぎます。ビーカーの上から1.5cmくらい下まで注ぐ(目安)。

STEP 5

注ぎ終えたら、蓋をしてタイマーの4分が経過するのを待ちます。
※待っている間は、プランジャーを下げません。

STEP 6

4分たったら、プランジャーをゆっくり押し下げます。

STEP 7

カップに注いで、できあがりです。フレンチプレスで抽出されたコーヒーには、香りをもつコーヒーオイル(油分)までしっかりと抽出されます。

BODUM フレンチプレス シャンボール 0.35L

耐熱ガラスと金属フレームのコンビネーションは、まさにフレンチプレスの原型ともいえるデザイン。黒いハンドルは握りやすさだけはなく、クラシックで上品な印象を与えています。シャンボールは、1950年代にフランス・パリで広まった、当時のフレンチプレスコーヒーメーカーそのままをイメージ。 蓋とフレームは、長年使ってもその輝きを失わないよう念密に洗練された製造プロセスを経てひとつひとつ大切に製造。環境に配慮し、効率的で機能的なデザイン、クオリティーを追求しているからこそ、世界中の多くの人々に愛され続けているのです。最も成分を抽出する92℃から96℃を目安に、ゆっくりと豆の膨らみを確かめるようにお湯を注ぎ、コーヒー豆の旨みや香り、豆の油分を抽出し、こくと香りの高い極上のコーヒーをお楽しみください。

4,400円 (税込)

ご注文はこちら

FOLLOW US