MENU

ONLINE
STORE

0

ABOUT US 丸山珈琲の想い

コーヒーはいつも、私たちのそばにいます。目覚めたてのからだを呼び起こしたいとき。気のおけない人と会って心を解きたいとき。がんばる自分にひと呼吸おきたいとき。 いつものコーヒーがもっとおいしくなれば、毎日はもっとしあわせになる。丸山珈琲は、日々を豊かにするコーヒー体験をあなたに届けたいと考えています。 産地からカップに注がれるまでのすべてのプロセスに密接に関わり、まだ知られていないほんとうにおいしいコーヒーをあなたのもとへ。 緑豊かな壮大な大地へ赴き、生産者のひたむきな愛情を知る。鮮やかに育まれたコーヒーの実を直に手に取り、ひらく香りと味わいを想像する。 そしてコーヒーの素材を十分に引き出す焙煎と抽出。私たちはすべてのプロセスにおいて、どうしたら最高においしいコーヒーに出会えるかを探求しつづけています。 この想いのすべてを、コーヒーを愛するあなたに届けたい。さあ、最高のコーヒーを見つける旅へごいっしょに。丸山珈琲でお待ちしています。

コーヒーチェリーからカップに注がれるまで 丸山珈琲のコーヒープロセス

産 地

年間の約半数は産地を巡る。
何より大切なのは生産者との信頼関係。

丸山珈琲で扱うコーヒー豆は、代表の丸山健太郎がバイヤーとして生産地に赴き、現地で直接買い付けを行っています。良質な豆を分けていただくためには、生産者とのコミュニケーションが最も大切。時には生産者の家庭問題の相談にのり、家族同様のお付き合いをしています。このコミュニケーションこそが生産者の生活水準を安定させ、おいしいコーヒーを作るモチベーションの向上と品質の維持にも繋がります。丸山はこの買い付けのために、1年の半分近くをコーヒー生産国で過ごし、現地生産者との信頼関係を築き上げています。

焙 煎

コーヒーの声を聞く。
素材の持ち味を生かす独自の焙煎技術。

産地から直接買い付けたコーヒー生豆の、その素材の持ち味を最大限に引き出すことが丸山珈琲の焙煎の原点です。生豆をおよそ200度で熱すると、内部成分は変化していきます。この熱によって生豆のもつ特有の味や香りが引き出されるのです。焙煎人は酸のキャラクターと香りのバランスを考え、それぞれの豆に合わせた焼き方を選択します。同じ豆でも味の仕上がりはロースター(焙煎人)によって違いが生まれます。豆のもつどの特徴を生かすのか、焙煎人の腕に託されているのです。丸山珈琲は、焙煎工場にアメリカ製の「ローリング・スマートロースター」を導入。豆の特性を存分に生かすことができ、味の再現性に優れたマシンを使用することも、重要なプロセスだと考えています。

抽 出

バリスタはコーヒーのソムリエ。
想いと美味しさを伝えるメッセンジャー。

コーヒーのおいしさとその魅力、生産者の想いを直接お客様に伝えるバリスタ。高品質の素材であっても抽出が適切に行われなければ、そのコーヒーのポテンシャルを台無しにしてしまいます。バリスタは、生産者が育てたコーヒーの素晴らしさを、最大限に引き立ててお客様にお届けするメッセンジャーなのです。
丸山珈琲のバリスタたちは、知識・技能・プレゼン能力など総合技術を競う大会「ジャパン バリスタ チャンピオンシップ」に2006年から参加。上位成績を収めるとともに、2009年以降は5年連続で日本チャンピオンを輩出しています。その他の競技会にも毎年多くのバリスタが参加し、その経験は日々の業務に役立てられ、後進の育成にもなるのです。

お客様へ

あなたの“最高のコーヒー”を探す。
ご満足いただける体験をご用意しています。

見た目はどれも同じ褐色のコーヒーでも、それぞれまったく違う風味や味わいの個性を持っています。召し上がるお客様一人ひとりも、それぞれ違う好みをお持ちです。
喫茶でお召し上がりいただくコーヒーでも、店頭でお買い求めいただくコーヒー豆でも、通販受付担当においても、お客様の好みに応じてより納得してコーヒーをお楽しみいただけるよう、日々知識と技能と心配りを磨いています。
コーヒーの楽しみ方はさまざまです。よりおいしいく、より楽しくコーヒーを飲みたい。そんな一人でも多くのお客様にその魅力をお伝えするため、セミナーや外部での講演・イベント等も豊富に開催しています。よりおいしいコーヒーの探求へ、こちらのご参加もお待ちしています。

FOLLOW US