MENU

ONLINE STORE オンラインストア
卓越した味わい 花のような香り 柑橘系のフルーツの
爽やかさ
ベリーの果実感 個性豊かな
アフリカンコーヒー
心地よいバランス ナッツのような味わい チョコレートのような
味わい
  • ムニンヤ 深煎り

  • アストリッド・メディナ

  • ペドロ・ロドリゲス ブルボン ウォッシュト エル・フエルテ

SHARE ON:

シングルコーヒー

おまかせ3種

2,500円(税込)

旬のおまかせコーヒー3種!
焙煎違い・様々な生産国のコーヒーをピックアップしました!
(予告なく銘柄の変更がある場合がございます。ご了承ください)

11月15日 販売開始

通販限定

※こちらの商品は、ギフト包装はしておりません。

だからシングル

コーヒーにも様々な味わいが存在します。生産者や産地、品種、生産処理方法など、どの条件が違ってもそれぞれに個性が現れます。
収穫時期も産地により異なるため、丸山珈琲ではその時、一番お客様に味わっていただきたい「旬」をシングルでご紹介しています。
どれを買うか迷ったらこちらをお選び下さい。焙煎チーム、品質長が選び抜いたシングルコーヒーで味わいの違う3銘柄をご紹介いたします。

通販事業部

商品詳細

ムニンヤ 深煎り                           100g
アストリッド・メディナ(中煎り)                   100g
ペドロ・ロドリゲス ブルボン ウォッシュト エル・フエルテ(中煎り) 100g

農園情報

【ムニンヤ 深煎り】
国:ブルンディ共和国
地域:カヤンザ県 カブィエ ムニンヤ
生産者:複数の小規模生産者
標高:1,650~1,820 m
コーヒー栽培面積:14 ha
生産処理場:ムバンガ ウォッシングステーション
品種:ブルボン
生産処理:ウォッシュト / ピラミッド式+アフリカンベッドで乾燥
収穫時期:3月中旬
お取引開始年:2011年

ブルンディのほとんどのコーヒー生産者は大変小規模です。各生産者は自分のコーヒーを「ウォッシングステーション」と呼ばれる生産処理場に持ち込み、そこで同じ地区(ヒル=丘と呼ばれる)の複数の生産者のコーヒーが集められ、ひとつの地域のロットが作られます。
ブルンディでは2012年よりカップ・オブ・エクセレンスが行われており、ムバンガ・ウォッシングステーションは2014年に見事優勝を果たしました。以来、こちらのウォッシングステーションにコーヒーを持ち込む新規の生産者が増加しており、生産地区ごと、収穫時期ごとなど、ロットの細分化が年々進んでいます。
同ウォッシングステーションで実践されているピラミッド式乾燥とは、コーヒー豆をピラミッドのような山の形にして乾燥させる方法です。ムバンガ・ウォッシングステーションでは、こうすることによって豆を均一に乾かすことができ、コーヒーのよい風味を保つことができると考えています。


【アストリッド・メディナ】
国:コロンビア共和国
地域:トリマ県 プラナダス ガイタニア サン・ミゲル
生産者:アストリッド・メディナ・ペレイラ
農園:ブエナビスタ
標高:1,816~2,000 m
農園面積:15 ha
コーヒー栽培面積:10 ha
品種:カトゥーラ、カスティージョ
生産処理:ウォッシュト / マルケシナ(パラボラ式乾燥テント)で乾燥
収穫時期:9月~1月
お取引開始年:2015年

コロンビア中西部のトリマ県の南部、ガイタニアの町に位置するブエナビスタ農園は、アストリッド・メディナさんと夫のラウルさんをはじめ、親族の皆さんを中心に運営されています。彼女は二児の母親でもあり、家事や育児をしながら農園の管理・運営に取り組んでいます。
アストリッドさんは、ピッカーや従業員、オーナーまで、農園で働くすべての人が相互に理解し、同じ目標を持つことが重要だと考えており、コーヒーの品質は多くの人の努力が合わさって達成されるものだと話します。
アストリッドさんにとってコーヒーは、家族を団結させてくれる存在でもあります。
2015年のCOE優勝の際、彼女は「数は力になります。過去9年間農園で働く中で、浮き沈みもあり、従業員にもっと賃金を払いたくでも払えない時期もありました。それでも、私たちは希望を持って進み続けます。」と語りました。


【ペドロ・ロドリゲス ブルボン ウォッシュト エル・フエルテ】
国:ボリビア多民族国
地域:サンタ・クルス サマイパタ
生産者:ペドロ・ロドリゲス・ペニャリエータ
農園:エル・フエルテ
標高:1,328~1,526 m
農園面積:45 ha
コーヒー栽培面積:23.4 ha
品種:ブルボン
生産処理:ウォッシュト / 機械乾燥
収穫時期:6月~10月
お取引開始年:2003年

このエル・フエルテ農園は、ペドロ・ロドリゲスさん一家がサマイパタに所有する4 つの農園のうち、一番最初にできたものです。「エル・フエルテ」とは砦(とりで)という意味で、世界遺産の「サマイパタの砦」にちなんで名付けられました。サマイパタ地域は標高の高さと良質な土壌で高品質コーヒーの生産に適した土地ではありますが、コーヒー作りはそれほど伝統的ではなく、中でもスペシャルティコーヒー作りは同地域では行われてきませんでした。
エル・フエルテ農園はサマイパタでコーヒー栽培を発展させようとする初めての試みでした。ペドロさんたちは農学者にも相談して農園を作るのに理想的な場所を定め、様々な品種を植えてテストを行いました。この農園のプロジェクトを継続するにはリスクも伴いましたが、ペドロさんたちは見事成功させました。
現在、エル・フエルテ農園はウェットミルを併設し、サマイパタ地域の農園で収穫されるコーヒーチェリーの生産処理を担っています。

ギフト包装について

こちらの商品は、ギフト包装はしておりません。
3種類のコーヒーをそのまま同時にお届けさせていただきます。

「ギフト包装」をご希望の場合は、「ギフト包装(300円)」を、別途ご注文ください。

FOLLOW US