MENU

ONLINE STORE オンラインストア
< 戻る
トップ コーヒーを探す カップ・オブ・エクセレンス グリマネス・モラレス 2019年ペルーCOE1位

SHARE ON:

カップ・オブ・エクセレンス

グリマネス・モラレス 2019年ペルーCOE1位 中煎り

2,160円(税込)

ジャスミン、マンダリンオレンジ、グレープ、シナモンの風味。
きめ細かい質感。

苦味:●
酸味:●●●●●
コク:●●●
香り:●●●●

5月15日 販売開始

生産国:ペルー

※豆量を選択していただくと、挽目指定が選択できます。

※コーヒープレス、コーヒーメーカー、ハンドドリップ(ネル、ペーパー、金属フィルタ等)の抽出では「中挽き」を推奨しております。

農園情報

国:ペルー共和国
地域:カハマルカ ルメピテ・ボホ
生産者:グリマネス・モラレス・リサナ
農園:ラ・ルクマ
標高:1,800 m
品種:コスタリカ 95
生産処理:ウォッシュト
お取引開始年:2019年

1997年、グリマネス・モラレスさんは自分の農園の中に新しい品種のコーヒーがあるのを発見しました。一見、普通のコーヒーの木と変わらなかったため、当初彼女は特に気に留めていませんでしたが、2011年に農園が「オホ・デ・ポジョ」という病気に襲われた際、農園中が被害を受けたにも関わらず、97年に見つけた新品種だけがその病気への耐性を持ち、生き残っていました。その時から彼女はその品種だけに絞ってコーヒーを栽培することを決め、義理のお父さんの名前を取ってその品種に「マーシェル」と名付けました。
2019年のペルー カップ・オブ・エクセレンス後、この「マーシェル」は品種の特定のために研究機関に送られ、検査の結果、コスタリカ95という品種であることが特定されました。
COEで優勝したことについて、グリマネスさんは「COEのような品評会に参加できるとは思ってもみなかった」と話しています。

FOLLOW US