ホーム > カップ・オブ・エクセレンス(COE)

  • Cup Of Excelence
  • Cup Of Excelence
  • Cup Of Excelence
  • Cup Of Excelence

Cup Of Excelence logo

生産国ごとにその年の最高品質のコーヒー豆を決める品評会

カップ・オブ・エクセレンス(COE)

国際審査員のカッピング(ワインと同じようなテイスティング)により味や香りなどが点数で評価され、86点以上の豆に「カップ・オブ・エクセレンス」の称号が与えられます。その量は全生産量の数%にも満たず、その年の最高の中の最高といえる特別なコーヒー豆です。

販売中のCOE 入賞ロット

2017年ニカラグアCOE1位入賞ロット
イグナシオ・エストラダ
2017年ニカラグアCOE1位
Ignacio Estrada

国:ニカラグア共和国
地域:ヒノテガ県 ヒノテガ
生産者:イグナシオ・エストラダ・ブルゴ
農園:エル・エスフエルソ
農園面積:約3.5ha
品種:マラカトゥーラ
生産処理:水洗式
お取引開始年:2017年

フレーバーコメント

グレープ、ピーチ、オレンジ、ハーブの風味。
滑らかで厚みのある味わいと華やかで甘い余韻。

農園について

イグナシオさんによって営まれているエル・エスフエルソ農園は、ニカラグア北部、ホンジュラスとの国境に近いヒノテガ県 ヒノテガにあります。

イグナシオさんは、20年前に0.3ha程の広さから農業に従事し、コーヒーの栽培を始めました。それ以来、“エル・エスフエルソ(スペイン語で「努力」の意)”という農園名の通り、農地を増やすために努力をし続け、現在は3.5haまで農園を広げました。
今回の品評会がイグナシオさんにとっては初めてのカップ・オブ・エクセレンスへのエントリーでした。

優勝後のインタビューにおいて、「今年まで、自分のコーヒーがこんなに高品質なものだとは知らなかった。優勝できたことをとても誇りに思っている。今まで20年間、自分のコーヒーがどこに行っているのかなんてわからなかった。しかし、この品評会では自分が生産したコーヒーの品質を示すことができ、また誰が買い付けたのかもわかる。生産処理設備は古く、効率的ではなくなってきているため、オークションで得たプレミアムを利用して農園とともに生産処理場の整備をし、高品質コーヒーの生産を継続できようにしていきたい。」と答えています。

2017年最高のニカラグアコーヒーをこの機会にぜひお楽しみください。

販売価格

80g 3,888 円

商品購入ページ

2017年メキシコCOE1位入賞ロット
ロドルフォ・ヒメネス
2017年メキシコCOE1位
Rodolfo Jiménez

国:メキシコ合衆国
地域:ベラクルス州 ナオリンコ
生産者:ロドルフォ・ヒメネス
農園:エル・エキミテ
標高:1,240m
品種:パカマラ
生産処理:水洗式
お取引開始年:2017年

フレーバーコメント

ブルーベリー、レーズン、アップル、トロピカルフルーツを思わせる複雑な風味。
ベルベットの様な質感と華やかで厚みのある味わい。

農園について

ロドルフォさんが営むエル・エキミテ農園は、メキシコ湾の西側に位置するベラクルス州のナオリンコ、標高1,240mに位置しています。

今回ご紹介するコーヒーはパカマラ種です。パカマラ種は大変粒が大きく、パカス(ブルボンの突然変異種)とマラゴジッペ(ティピカの突然変異種)の交配種で、華やかなすばらしい香りがある品種です。
ロドルフォさんの管理による栄養豊かな土壌、シェードツリーを使用した農園管理、そしてパカマラ種、これらの組み合わせによりこのコーヒーのユニークな風味特性が生み出されているとロドルフォさんは考えています。

こちらのロットは、品評会で国際審査員の平均点が90点以上の最高品質のコーヒーのみに与えられる「プレジデンシャルアワード」を受賞しています。

2017年最高のメキシココーヒーをこの機会にぜひお楽しみください。

販売価格

80g 6,480 円

商品購入ページ

COE 史上最高額で落札 2017年ホンジュラスCOE1位入賞ロット
オスカー・ラミレス
2017年ホンジュラスCOE1位
Oscar Ramirez

国:ホンジュラス共和国
地域:エル・パライソ県 ダンリ ラス・デリシアス
生産者:オスカー・ダニエル・ラミレス・バレリオ
農園:エル・ラウレル
標高:1,400m
農園面積:10ha(内コーヒー栽培面積:9ha)
品種:パライネマ
生産処理:水洗式 / 天日乾燥
お取引開始年:2016 年

フレーバーコメント

赤ワイン、プルーン、ピーチ、ジャスミンの風味。
ベルベットを思わせる質感と、とても甘く複雑な味わい。

農園について

オスカーさんが営むエル・ラウレル農園は、ホンジュラス南部のエル・パライソ県ダンリの標高1,400m に位置しています。オスカーさんは奥様や息子さんたちと家族経営にて農園を営んでいます。
オスカーさんにとって、カップ・オブ・エクセレンスへのエントリーは今回が初めてでした。品評会終了後の「優勝のための秘訣は?」という質問に、「毎日改善しようと、根気強く、粘り強く一生懸命働く以上の秘訣はない。」と仰っています。

2017年最高のホンジュラスコーヒーをこの機会にぜひお楽しみください。

販売価格

80g 8,100 円

商品購入ページ

2017年コスタリカCOE1位入賞ロット
ホルヘ・メナ
2017年コスタリカCOE1位
Jorge Mena

国:コスタリカ共和国
地域:タラス コペイ・デ・ドタ
生産者:ホルヘ・ブレネス・メナ、グルポ・ロス・グランデ・デ・コペイ社
農園:ドン・アントニオ
標高:1,900 ~ 2,160m
農園面積:100ha(内ゲイシャ種栽培面積:12ha)
品種:ゲイシャ
生産処理:ブラックハニー / グリーンハウス内でのアフリカンベッド乾燥
お取引開始年:2017年

フレーバーコメント

フローラル、パッションフルーツ、ライチ、ブルーベリーなどの複雑な風味。 シロップのような質感と華やかで甘い余韻。

農園について

ホルヘさんにより管理されているドン・アントニオ農園は、標高1,900 ~ 2,160m に位置しています。今回ご紹介するロットのように、このような大変高い標高で栽培されているゲイシャ種は、とてもゆっくりと成熟していきます。一般的にゆっくりと成熟するものの方が品質がよくなるといわれています。
今回ご紹介するのは、ゲイシャ種ブラックハニープロセスのコーヒーです。ブラックハニーとは、収穫後果皮を除去し、コーヒー豆の周りについている「ムスラージ」と呼ばれる粘液質(糖分を含んでいて甘い)を100%残したまま乾燥させる生産処理方法です。

2017年最高のコスタリカコーヒーをこの機会にぜひお楽しみください。

販売価格

80g 5,400 円

商品購入ページ

Copyright © 2016 MARUYAMA COFFEE Co.,Inc. All Rights Reserved.

↑ TOP ↑