ホーム > カップ・オブ・エクセレンス(COE)

  • Cup Of Excelence
  • Cup Of Excelence
  • Cup Of Excelence
  • Cup Of Excelence

Cup Of Excelence logo

生産国ごとにその年の最高品質のコーヒー豆を決める品評会

カップ・オブ・エクセレンス(COE)

国際審査員のカッピング(ワインと同じようなテイスティング)により味や香りなどが点数で評価され、86点以上の豆に「カップ・オブ・エクセレンス」の称号が与えられます。その量は全生産量の数%にも満たず、その年の最高の中の最高といえる特別なコーヒー豆です。

販売中のCOE 入賞ロット

2017年グアテマラ
カップ・オブ・エクセレンス2位入賞コーヒー
アルトゥロ・アギーレゲイシャ
2017年グアテマラCOE2位
Arturo Aguirre

国:グアテマラ共和国
地域:ウエウエテナンゴ県 ラ・リベルタッド
生産者:アルトゥロ・デ・ヘスス・アギーレ・エスコバール
農園:エル・インヘルト・ウノ
標高:1,524~2,438m
農園面積:680ha
コーヒー栽培面積:447ha
品種:ゲイシャ
生産処理:水洗式 / 天日乾燥
収穫時期:1月~4月
お取引開始年:2006年

フレーバーコメント

マスカット、ライチ、ライムの風味とラベンダーの香り。
シルクの様な繊細な舌触りと華やかで明るい余韻。

農園について

今回ご紹介するコーヒーは、ウエウエテナンゴの名農園として世界的にも有名なアルトゥロさんが営むエル・インヘルト・ウノ農園のゲイシャ種です。丸山珈琲ではお馴染みの農園ですが、こちらの農園のゲイシャ種をご紹介するのは今回が初めてです。
エル・インヘルト・ウノ農園は、ウエウエテナンゴ地域のラ・リベルタッド地区、標高1,524~2,438mにあり、またグアテマラのカップ・オブ・エクセレンスにおいて何度も優勝経験がある農園です。
初代オーナーであるヘスス・アギーレ・パナマさんが1874年にサトウキビやトウモロコシの栽培など、農業をこの土地で始め、1900年にコーヒーの栽培を始めました。その時にコーヒー栽培を始めた区画がエル・インヘルトと呼ばれました。
現在のオーナーであるアルトゥロさんは3世代目にあたり、1956年よりコーヒー栽培に従事しており、息子さんとともに農園運営を行っています。
標高ごとに様々な品種を栽培し、さらに同じ標高においても細かく区画を分け、品質の追求をし続けています。
エル・インヘルト・ウノ農園が安定的にすばらしいコーヒーを生み出せる秘密のひとつは、コーヒー農園を囲む1,000年前からの未開拓の森にあります。この森が農園に特別な気候を生み出し、山から直接泉へ流れる清らかな水を提供し、豊かな土壌を育み、栽培から生産処理において高品質なコーヒーを安定的に生み出す助けになっています。
2017年の品評会には、丸山珈琲の品質管理担当の渡辺も参加いたしました。
グアテマラの名農園の初めてご紹介するゲイシャ種をこの機会にぜひお楽しみください。

販売価格

80g 3,888 円

商品購入ページ

2017年グアテマラ カップ・オブ・エクセレンス1位入賞豆
アナ・メネセス
2017年グアテマラCOE1位
Ana Meneses

国:グアテマラ共和国
地域:チマルテナンゴ県 アカテナンゴ
生産者:アナ・ルシア・メネセス・エルナンデス
農園:エル・パラサ
標高:1,548~1,706m
パカマラ種栽培標高:1,560m
農園面積:40ha
品種:パカマラ
生産処理:ナチュラル / アフリカンベッドでの乾燥
収穫時期:12月~4月
お取引開始年:2017年

フレーバーコメント

トロピカルフルーツ、ラズベリー、アップル、ハチミツの風味。
濃密な甘さと華やかでバランスの良い味わい。

農園について

アナ・メネセスさんが営むエル・パラサ農園は1904年に設立された歴史ある農園です。現在は4代目にあたるアナさん、アントニオさんのメネセス兄妹が中心となり運営をしています。メネセス兄妹は、この10年間エル・パラサ農園で新たな品種の栽培を行っており、今回ご紹介するパカマラ種は2011年より、同農園の標高1,560mで栽培を始めました。

アナさんは2010年より、発酵や乾燥工程など生産処理方法の検証を行い、そして、今回ご紹介しているパカマラをはじめとした新たな品種の生産処理において検証結果を実践し、よい結果を得てきました。
2016年のCOEでは、メネセス兄弟が所有する農園が2位に入賞しています。

パカマラ種が栽培されているエリアでは、管理されたシェードツリーの下でゆっくりとチェリーが熟していきます。糖度が22%になった時に収穫され、35日間かけ、ゆっくりとアフリカンベッドで乾燥させています。

2017年に収穫された最高のグアテマラコーヒーをこの機会にぜひお楽しみください。

販売価格

80g 3,888 円

商品購入ページ

2017年エルサルバドル カップ・オブ・エクセレンス1位入賞豆
ラウル・リベラ
2017年エルサルバドルCOE1位
Raul Rivera

国:エルサルバドル共和国
地域:チャラテナンゴ県 サン・イグナシオ
生産者:ホルヘ・ラウル・リベラ、ホルヘ・ラウル・リベラ社
農園:サンタ・ローサ
標高:1,600m
農園面積:56ha
コーヒー栽培面積:30ha
品種:パカマラ
生産処理:ハニー 
収穫時期:2月
お取引開始年:2017年

フレーバーコメント

トロピカルフルーツ、ライチ、ライム、ラム酒の様な風味。
華やかで厚みのある味わいと長く続く爽やかな余韻。

農園について

ラウルさんが中心となって営んでいるサンタ・ローサ農園は、27年前にラウルさんのお父様によって設立されました。

2002年にラウルさんのお父様はカップ・オブ・エクセレンス(COE)の存在を知り、2003年にはパカマラ種をサンタ・ローサ農園に植え、元来農園にあった松の木をシェードツリーとして使用しました。
2013年5月に、農園の創設者であるお父様が残念ながら亡くなってしまったのですが、翌年の2014年には見事エルサルバドルCOEにて見事優勝をしており、サンタ・ローサ農園にとって今回が2度目のCOE優勝となりました。

現在農園を管理、運営しているホルヘ・ラウル・リベラ社という名前は、お父様の名前に由来しています。サンタ・ローサ農園を始めたラウルさんのお父様は、エルサルバドルの北部チャラテナンゴ地域でのコーヒー栽培における、先駆者でもあります。コーヒー生産者でありながら、エルサルバドル大学にてコーヒー栽培や生産処理において10年間にわたり教鞭をとっていました。サンタ・ローサ農園は、ラウルさんのお父様から受け継いだコーヒー生産の知識が詰まった遺産です。

2017年に収穫された最高のエルサルバドルコーヒーをこの機会にぜひお楽しみください。

販売価格

80g 6,480 円

商品購入ページ

2017年ニカラグアCOE1位入賞ロット
イグナシオ・エストラダ
2017年ニカラグアCOE1位
Ignacio Estrada

国:ニカラグア共和国
地域:ヒノテガ県 ヒノテガ
生産者:イグナシオ・エストラダ・ブルゴ
農園:エル・エスフエルソ
農園面積:約3.5ha
品種:マラカトゥーラ
生産処理:水洗式
お取引開始年:2017年

フレーバーコメント

グレープ、ピーチ、オレンジ、ハーブの風味。
滑らかで厚みのある味わいと華やかで甘い余韻。

農園について

イグナシオさんによって営まれているエル・エスフエルソ農園は、ニカラグア北部、ホンジュラスとの国境に近いヒノテガ県 ヒノテガにあります。

イグナシオさんは、20年前に0.3ha程の広さから農業に従事し、コーヒーの栽培を始めました。それ以来、“エル・エスフエルソ(スペイン語で「努力」の意)”という農園名の通り、農地を増やすために努力をし続け、現在は3.5haまで農園を広げました。
今回の品評会がイグナシオさんにとっては初めてのカップ・オブ・エクセレンスへのエントリーでした。

優勝後のインタビューにおいて、「今年まで、自分のコーヒーがこんなに高品質なものだとは知らなかった。優勝できたことをとても誇りに思っている。今まで20年間、自分のコーヒーがどこに行っているのかなんてわからなかった。しかし、この品評会では自分が生産したコーヒーの品質を示すことができ、また誰が買い付けたのかもわかる。生産処理設備は古く、効率的ではなくなってきているため、オークションで得たプレミアムを利用して農園とともに生産処理場の整備をし、高品質コーヒーの生産を継続できようにしていきたい。」と答えています。

2017年最高のニカラグアコーヒーをこの機会にぜひお楽しみください。

販売価格

80g 3,888 円

商品購入ページ

COE 史上最高額で落札 2017年ホンジュラスCOE1位入賞ロット
オスカー・ラミレス
2017年ホンジュラスCOE1位
Oscar Ramirez

国:ホンジュラス共和国
地域:エル・パライソ県 ダンリ ラス・デリシアス
生産者:オスカー・ダニエル・ラミレス・バレリオ
農園:エル・ラウレル
標高:1,400m
農園面積:10ha(内コーヒー栽培面積:9ha)
品種:パライネマ
生産処理:水洗式 / 天日乾燥
お取引開始年:2016 年

フレーバーコメント

赤ワイン、プルーン、ピーチ、ジャスミンの風味。
ベルベットを思わせる質感と、とても甘く複雑な味わい。

農園について

オスカーさんが営むエル・ラウレル農園は、ホンジュラス南部のエル・パライソ県ダンリの標高1,400m に位置しています。オスカーさんは奥様や息子さんたちと家族経営にて農園を営んでいます。
オスカーさんにとって、カップ・オブ・エクセレンスへのエントリーは今回が初めてでした。品評会終了後の「優勝のための秘訣は?」という質問に、「毎日改善しようと、根気強く、粘り強く一生懸命働く以上の秘訣はない。」と仰っています。

2017年最高のホンジュラスコーヒーをこの機会にぜひお楽しみください。

販売価格

80g 8,100 円

商品購入ページ

Copyright © 2016 MARUYAMA COFFEE Co.,Inc. All Rights Reserved.

↑ TOP ↑