CSCフェルナンド・リマ  中煎り

フェルナンド・リマさん

  • フェルナンド・リマさん
  • 2017年1月訪問時。カンパヌラ農園にてフェルナンドさんとバイヤーの丸山。
  • カンパヌラ農園
  • 農園から見えるコアテペケ湖
  • アパネカ・イラマテペク山脈の一部。向かって右に見えるのがサンタ・アナ火山。
  • サンタ・アナ火山の斜面にカンパヌラ農園がある。

あとで購入・友達に教える

販売期間2017/07/01 ~
生産国エルサルバドル共和国
『 Community Supported Coffee 』より、フェルナンド・リマさんのコーヒーをご紹介
 
オレンジ、キャラメル、ナッツの風味。
シロップの様な舌触りとすっきりとした後味。
 
価格
  • 100g 886円
  • 200g 1,771円
 個  

農園情報

国:エルサルバドル共和国
地域:アペネカ・イラマテペク地域 サンタ・アナ県 カントン・パロ・デ・カンパナ
生産者:フェルナンド・リマ 
農園:カンパヌラ
標高:1,850~1,900m
農園面積:75ha
コーヒー栽培面積:50ha
品種:ブルボン
生産処理:水洗式 / アフリカンベッドでの乾燥
収穫時期:1月~4月
お取引開始年:2003年
 
丸山珈琲ではお馴染みのフェルナンド・リマさんが運営するカンパヌラ農園のコーヒーを『コミュニティ・サポーテッド・コーヒー』としてご紹介いたします。
 
『コミュニティ・サポーテッド・コーヒー』とは
・コーヒー好きのコミュニティが、高品質コーヒーを生産する生産者と焙煎業者を支援する仕組みにより、生産、買い付けられたコーヒーです。
・優良生産者を支援し、継続的にすばらしいコーヒーを作るための環境を実現させます。
・バイヤーとして、丸山が“守っていきたい”と強く思う生産者、農園のコーヒーをご紹介いたします。
 
 
カンパヌラ農園は周囲を国立公園に囲まれ、サンタ・アナ火山(2,286m)の斜面にあり、自然の豊かな場所に位置しています。サンタ・アナ火山は、2005年に約1世紀ぶりに突然噴火をし、その後ミネラル分を多く含んだ火山灰が農園に積もり、大変肥沃な土壌を持つ農園としてカンパヌラは広く知られています。
 
フェルナンドさんとのお付き合い、2003年に初めてエルサルバドルで開催されたカップ・オブ・エクセレンスにおいて、フェルナンドさんのコーヒーを落札した時から始まり、今年で15年目を迎えました。
 
フェルナンドさんの誠実な人柄とコーヒー栽培への真摯な取り組み、そしてこの肥沃な土地がすばらしいコーヒーを安定的に生み出しています。
 
4月1日より新しくなりましたシングルオリジンコーヒーのメニューブック7月号にて、生産者のフェルナンド・リマさんとカンパヌラ農園をご紹介しております。また、エルサルバドルで撮影をしてまいりましたフェルナンドさんやフェルナンドさん所有の農園映像をご覧いただけます。
丸山珈琲の取り組みをご紹介するこちらの新しいウェブサイトでぜひご覧ください。
www.discover-maruyamacoffee.com
 

CSCフェルナンド・リマ

カートに入れる