ケニア・ムウィリア・深煎り  深煎り

ムウィリア・ファクトリーの看板

  • ムウィリア・ファクトリーの看板
  • ケニアでよく見られる乾燥用アフリカンベッドで作業する人々
  • ケニアでの買い付け時、カッピング用のサンプルロースト
  • 買付時に並べられたカッピング用サンプル
  • ナイロビから見た標高5,199mのケニア山

あとで購入・友達に教える

販売期間2017/02/01 ~
生産国ケニア共和国
ケニア優良産地エンブ地区産のコーヒーを深煎りでご紹介
 
ダークチョコレート、ブルーベリー、アメリカンチェリーの風味。
滑らかな質感と明るさのある味わい。
 
価格
  • 100g 886円
  • 250g 1,771円
  • 500g 2,657円
 個  

農園情報

国名:ケニア共和国
地域:エンブ県 エンブ地区 エンブ カリルリ
生産処理場:ムウィリア・ファクトリー 
生産者:ムウィリア・ファクトリーに所属する小規模生産者
標高:1,690m
品種:SL28、SL34
生産処理:水洗式 / アフリカンベッドでの天日乾燥
収穫時期:10月~12月
 
昨年初めて買い付けたムウィリア・ファクトリーのコーヒーを深煎りでご紹介いたします。
 
ムウィリア・ファクトリーがあるエンブ地区は、ケニア山の南東にあります。
同ファクトリーには、現在4つの村の1,080名の小規模生産者が所属しており、その内約1,060名がコーヒーチェリーを納めています。一人当たりの平均栽培面積は1ha、コーヒーの木の平均所有本数は約350本です。
ケニアでは一人当たりの生産者からの収穫量が大変少なく、同じエリアの複数の生産者から収穫されたコーヒーをファクトリーと呼ばれる生産処理場へ持ち寄ることが一般的です。
 
同ファクトリーの周辺地域では、コーヒーの他に紅茶やパッションフルーツ、バナナ、キャベツ、ニンジンなどが栽培されています。しかし、これらの作物は農業指導によりコーヒーの木と混在させて栽培してはいけないことになっており、技術指導員によって指導が守られているか定期的な確認を行っています。
同ファクトリーでは、所属している小規模生産者のみならず、ファクトリーを管理しているマネージャーも定期的に技術指導を受けています。
 
長期的な目標は、農業指導や農業実践セミナーの受講によって、適切な栽培が行われ収穫量を増やすことです。
 
初めてご紹介するムウィリア・ファクトリーのコーヒーをぜひお楽しみください。
 

ケニア・ムウィリア・深煎り

カートに入れる