ロドリゲス・ラウレム  中煎り

マービンさん(右)・フェリーペさん兄弟 

  • マービンさん(右)・フェリーペさん兄弟 
  • エルサル・デ・サルセロ マイクロミル
  • エルサル・デ・サルセロに所属するメンバーの農園
  • 生産処理場の様子
  • マイクロミルからの景色

あとで購入・友達に教える

販売期間2017/03/01 ~
生産国コスタリカ共和国
コスタリカの優良産地、ウエストバリー地区よりロドリゲス一家のコーヒーをご紹介
 
チェリー、プラム、ミルクチョコレートの風味。きめ細かい質感とバランスの良い味わい。
 
価格
  • 100g 886円
  • 250g 1,771円
  • 500g 2,657円
 個  

農園情報

国:コスタリカ共和国
地域:ウエストバリー ナランホ ジャノボニート
生産者:ロドリゲス・ラウレム一家
マイクロミル:エルサル・デ・サルセロ
農園:ラ・ロラ
標高:1,700m
農園面積:11ha
コーヒー栽培面積:10.5ha
品種:カトゥーラ
生産処理:ホワイトハニー / アフリカンベッド、パティオでの乾燥
収穫時期:1月~2月
 
今回ご紹介するロットは、丸山珈琲ではお馴染みのエルサル・デ・サルセロマイクロミルのメンバーのお一人である、ロドリゲス・ラウレム一家が所有するラ・ロラ農園のカトゥーラ種です。
 
同マイクロミルとは2007年よりお付き合いをしており、カップ・オブ・エクセレンス入賞経験も多数回あり、ウエストバリー地区の優良マイクロミルのひとつです。
 
現在、60以上の家族経営のコーヒー生産者が所属しており、各農園のコーヒーが生産処理されています。標高1,700~1,800mに農園があり、62の生産者がこのマイクロミルに豆を持ち込みます。農園は、大西洋と太平洋、両方の影響を受けており、コーヒーの栽培にはその年の気候の影響を受けやすい地形です。しかし、気候にかかわらず品質の高いコーヒーが安定して生産できるよう、同マイクロミルのオーナーの皆さんが中心となり、栽培から生産処理のひとつひとつの工程を熱心に取り組んでいます。
 
ラ・ロラ農園を中心となり運営しているマービン・ロドリゲスさんは、エルサル・デ・サルセロマイクロミルのオーナーのおひとりです。
 

ロドリゲス・ラウレム

カートに入れる