カルロス・イトゥラルデ ティピカ 深煎り  深煎り

カルロス・イトゥラルデさん

  • カルロス・イトゥラルデさん
  • アグロ・タケシ農園
  • コーヒーの苗床
  • コーヒーチェリーの奥に見えるのはムルラタ山
  • アグロ・タケシ農園の麻袋

あとで購入・友達に教える

販売期間2019/07/01 ~
生産国ボリビア多民族国
ダークチョコレート、ダークチェリー、レーズンの風味。ベルベットの様な質感。奥行きのある味わい。

生産国:ボリビア多民族国
焙煎度:深煎り 
価格
  • 100g 1,512円
  • 200g 3,024円
 個  

農園情報

国:ボリビア多民族国
地域:ラ・パス県 南ユンガス ヤナカチ    
生産者:カルロス・イトゥラルデ、マリアナ・イトゥラルデ    
農園:アグロ・タケシ    
農園面積:40 ha
標高:1,750~2,600m
品種:ティピカ    
生産処理:フーリーウォッシュト /機械乾燥      
お取引開始年:2009年

ボリビアより毎年大変人気のある、カルロス・イトゥラルデさんと娘さんのマリアナさんが運営するアグロ・タケシ農園。その標高は最も高いところで3,000m(コーヒーの栽培は2,600mまで)と世界で最も高い標高に位置する農園の一つと言われています。
 
今回ご紹介するこちらのコーヒーはティピカ種を深煎りでのご紹介です。
 
タケシという農園の名前には現地の言葉で「人々を目覚めさせる」という意味があり、ムルラタ山からタケシ渓谷へと続くインカ時代から残る小道にちなんで名付けられました。
コーヒーのおいしさを決める要素はたくさんありますが、標高が高いことでフルーツのように青実から赤実まで熟すのに時間がかかり、風味と甘さが豊かになると考えられています。
 
ぜひこの機会にカルロスさんとマリアナさん親子のコーヒーをお楽しみください。
 
カルロス・イトゥラルデさんは「Discover Coffee Project」でも特集しています!ぜひご覧ください。

カルロス・イトゥラルデ ティピカ 深煎り

カートに入れる