ムバンガ ナチュラル  中煎り

アフリカンベッドでの乾燥の様子 

  • アフリカンベッドでの乾燥の様子 
  • 選別作業をする人々
  • ムバンガ・ウォッシングステーションの様子
  • 納められたコーヒーチェリーの計量
  • 納められたコーヒーチェリーの記録

あとで購入・友達に教える

販売期間2017/05/01 ~
生産国ブルンディ共和国
ブルンディの優良ウォッシングステーション「ムバンガ」より、ナチュラルプロセスロットを初めてご紹介
 
洋梨、ストロベリー、マンゴー、ライムの風味。きめ細かい質感と甘く複雑な味わい。
価格
  • 100g 988円
  • 200g 1,976円
 個  

農園情報

国:ブルンディ共和国
地域:カヤンザ県 カブィエ ムバンガ
生産者:ムバンガ地区の複数の小規模生産者
生産処理場:ムバンガ・ウォッシングステーション
標高:1,750m
コーヒー栽培面積(ムバンガ地区):25ha
品種:ブルボン
生産処理:ナチュラル / アフリカンベッドでの天日乾燥
収穫時期:4月
お取引開始年:2011年
 
ブルンディから初めて買い付けたナチュラルプロセスロットをご紹介いたします。
 
今回ご紹介するのはブルンディの優良ウォッシングステーション「ムバンガ」より、ムバンガ地区のコーヒーです。
 
丸山珈琲では、2013年よりムバンガ・ウォッシングステーションのコーヒーをシングルコーヒーとして継続的にご紹介しておりますが、ナチュラルプロセスのコーヒーは初めてのご紹介です。
同ウォッシングステーションでは、ナチュラルプロセスはウォッシュトプロセスより労働力が必要なため、あまり行われておりませんでしたが、需要が少しずつ増えており、ナチュラルプロセスロットの生産量も少しずつ増えています。
 
ブルンディのほとんどの生産者は大変小規模です。そのためコーヒーチェリーを「ウォッシングステーション」と呼ばれる生産処理場に持ち込み、ひとつのロットが作られます。今回ご紹介するのは、標高1,750mに位置するムバンガ地区の230名の小規模生産者によって納められたコーヒーチェリーを使用し、ムバンガ・ウォッシングステーションが生産処理をしたロットです。
 
ムバンガ・ウォッシングステーションは、2014年ブルンディ・カップ・オブ・エクセレンスで見事優勝を果たし、皆様にもその優勝ロットを2015年の夏にご紹介させていただきました。
 
生産者は自分のチェリーを納める処理場を自由に選ぶことができますが、近くの処理場に持ち込むことが一般的です。同ステーションでは、2014年のカップ・オブ・エクセレンスでの優勝以来コーヒーチェリーを持ち込む新しい生産者が増えており、生産地区(現地では丘と呼び、丘ごとに名前が付けられている)や収穫時期ごとなど、年々ロットの細分化が進んでおります。
 
2011年より、ムバンガ・ウォッシングステーションのコーヒーを中心に継続的にブルンディのコーヒーを買い付けており、2013年よりシングルコーヒーとして紹介を始めました。2015年の買い付け時には、政情が不安定でギリギリまでコーヒーの生産地に入れるかどうかわからないこともございましたが、ムバンガ・ウォッシングステーションはバイヤーの丸山が毎年訪問している生産処理場のひとつです。
 
丸山珈琲が自信を持って初めてご紹介するブルンディのナチュラルプロセスコーヒーです。
ぜひ、この機会にお楽しみください。
 
丸山珈琲の取り組みをご紹介する新しいウェブサイトができました。
ぜひご覧ください!
www.discover-maruyamacoffee.com
 

ムバンガ ナチュラル

カートに入れる