ホーム > 丸山珈琲倶楽部 > 丸山珈琲倶楽部カード利用約款

丸山珈琲倶楽部カード利用約款


第1条(本約款の趣旨)

本利用約款(以下「本約款」といいます)は株式会社丸山珈琲(以下「当社」といいます)が発行する以下に定義した丸山珈琲倶楽部カード(以下「本カード」といいます)のご利用について規定するものです。本カード所持者(以下「お客様」といいます)は本約款に従ってお取引いただくものとします。

第2条(定義)

本約款において使用する以下の各号の語句は、本約款中に別段の定めがある場合を除き次の通りとします。

  1. 本カード

    当社発行の前払式証票に類似した加減算型カードで、貨幣価値情報を電子データに代えて、繰り返し入金することができ、また入金された金額をもって当社指定の店舗において、商品を購入することができる機能を備えたものをいいます。

  2. お客様

    本約款の規定の全部の内容を理解、同意および承諾した上で当社(当社から引渡しを受けた第三者を含みます)から本カードの引渡しを受け、現実に本カードを所持される方であって、本約款に規定された利用をされる方をいいます。

  3. カード取扱店

    当社またはその指定する者の開設した店舗もしくは施設であって、当該店舗または施設において当社またはその指定する者が行う商品販売等(通信販売によるものを含みます)の代金につき本カードを利用して決済することができるものをいいます。

  4. バリュー

    お客様が商品等の給付を当社に請求する上で必要となる流通貨幣に相当する価値をいいます。(なお、本カードの最終ご利用日現在における当該本カードの残余数量を、以下「残高」といいます)

  5. 商品購入による利用

    商品等の給付を受けるために必要な残高を有する本カードをカード取扱店に提示することにより商品等の給付を請求し、かつ当該商品等の給付を受ける行為の総称をいいます。

  6. 入金

    商品等の給付を請求するために必要な残高を有しているか否かを問わず、本カードについて、本約款に規定する金額の範囲内の金員をカード取扱店に対して支払うことをいいます。

  7. ボーナスバリュー等

    お客様が入金することなく当社が任意で付与することができるバリューのことをいいます。

  8. 残高照会

    本カードをカード取扱店に提示することにより、または、その他の当社が指定する方法により当該本カードのバリューの残高を確認する行為をいいます。

  9. ご利用

    本カードへの入金、本カードの商品購入による利用、および残高照会の行為を総称して「ご利用」といいます。

第3条(カードの発行)

当社は、カード取扱店において本カードを発行するものとし、お客様は第5条第3項に規定する単位以上の金員をカード取扱店に対してお支払いいただくことにより、本カードの交付を受けることができるものとします。

第4条(本カードのご利用)

お客様はカード取扱店においてのみ、本カードの利用をすることができるものとします。

第5条(入金の方法)

  1. 本カードへの入金は、カード取扱店にて承るものとします。
  2. お客様は現金により、本カードへ入金することができるものとします。
  3. お客様が1回に入金できる単位は1,000円で、1回の入金上限金額は50,000円とします。
  4. 本カードへ蓄積できる上限額は、本カード1枚につき50,000円とします。

第6条(利用の方法)

  1. 本カードは、利用時点における本カードの残高の範囲で利用できるものとします。
  2. 前項にかかわらず、商品券その他の金券類、法令に反し又は反するおそれがあるもの、その他当社又はカード取扱店が不適当と判断するものの購入代金については本カードを利用できないものとします。
  3. 本カードで商品を購入される場合には、代金の支払いをすべきときに本カードをお渡しいただくものとします。本カードの入金残高から商品購入合計額を差し引くことにより、金銭にてお支払いされた場合と同様の効果が生じます。この場合、商品購入合計額及びお支払い後の本カード残高はレシートに表示されますのでお客様はそれらに誤りがないかを確認するものとします。
  4. 前項でのレシート確認時に、お客様から特段の申し出がないかぎり、お客様が当該記載された事項に過誤がないことを確認したものとみなすものとします。
  5. 本カードを複数お持ちであっても、各本カード残高を1枚のカードに統合することはできません。
  6. お渡しいただいた本カードの残高が商品購入合計額に満たない場合は、改めて本カードに入金いただくか、または不足分を現金もしくは当社が指定する方法により、お支払いいただくものとします。
  7. 7.お支払の際に本カードを複数枚ご利用いただくこともできますが、一度のお支払可能枚数は2枚までとします。さらに不足分がある場合は、現金もしくは当社の指定する方法にてお支払いただくものとします。

第7条(残高照会の方法)

  1. お客様は、第6条に規定するレシートによる残高照会のほか、カード取扱店においてカードを提示いただくことにより、本カードの残高照会をすることができるものとします。
  2. 当社の指定するウェブサイトにて残高を確認される場合は、本カード裏面に記載された16桁のカード番号と6桁のPIN番号が必要です。
  3. 当社の指定するウェブサイトにおいては、残高のほかご利用の履歴も確認が可能です。但し、システムの都合上、ウェブサイト上で表示することができる履歴内容、履歴件数は当社が決めるものとします。

第8条(本カードの管理)

  1. お客様は紛失や盗難被害にあわないよう、また磁気情報が判別できる状態を維持するよう、善良なる管理者の注意をもって本カードを管理しなければなりません。
  2. お客様は、本カードに質権等の担保の設定を一切することができないものとします。

第9条(換金)

  1. カード自体または本カード残高の換金、返金および払戻しは理由の如何を問わずいたしません。
  2. 但し社会情勢の変化、関係法令等の制定改廃、その他当社の都合により本カードの取扱を全面的に廃止することを当社が決定した場合、例外的にお客様は当社に対して本カードの残高の払戻しを求めることができるものとします。この場合、当社所定の方法に従って、本カードの残高照会の結果に基づき払戻しを行うものとします。
  3. 前項の払戻しを行った場合は、当社が定める方法でお客様より本カードを回収させていただくものとします。

第10条(再発行)

  1. 本カードを紛失した場合、もしくは盗難、改竄された場合、その原因がお客様の許可なく第三者に使用された場合であっても、本カード機能の停止、返金または再発行はいたしません。
  2. カード本体やカードの機能を破損することがありますので、本カードを汚損したり、折り曲げたり、磁気に近づけたりしないでください。
  3. 当社は本カードが毀損され、または、必要な機能が損なわれた場合、その原因がお客様の故意または過失に基づかないことが明らかであり、かつ当該本カード磁気情報または裏面に記載されている特定の番号が判読可能である場合に限り、当社の判断により、当社所定の方法に基づいて、必要な残高を利用する機能を備えた新たな本カードを発行するものとします。
  4. その際、当社は新しい本カードと引き換えに旧本カードの引渡しを求めることができるものとします。なお、新しい本カードの発行にあたっては、本カードの図柄および属性は当社が指定させていただくものとし、お客様は異議を述べないものとします。

第11条(不正な取得・利用等)

次のいずれかに該当するときには、当社は、お客様に本カードの利用をお断りし、本カード自体を無効化したうえで、お客様の当該カードを当社にお引き渡しいただくものとします。

  1. お客様が不正な方法により本カードを取得されたことを知りながらもしくは知ることができる状況で使用し又は使用しようとした場合。
  2. 本カードが偽造または変造されたものである場合。
  3. 第14条第1項の表明確約が誤りであり、または第14条第2項の誓約に違反した場合。
  4. その他、本カードの利用が不正であると当社が認める場合。

第12条(ご利用期限に関する制限)

  1. 本カードを最後にご利用いただいた日の翌日を起算日として2年間ご利用がない場合、当該本カードは無効となり、当該本カードの残高の有無または多寡にかかわらず返金等はしないものとします。(ご利用とは、入金および本カードによる商品購入による利用を指します。)
  2. お客様は、前項のご利用期限が到来した本カードに関するご利用および払戻の請求権、一切に関することができないものとします。
  3. お客様は本カードを長期間にわたって利用されない場合、十分注意しなければならないものとします。

第13条(システム保守、障害等)

  1. 当社は、システムメンテナンスのために、定期的または臨時に、本カードの入金、利用もしくは残高照会の全部または一部について、取扱を制限する場合があります。この場合、やむを得えない緊急の必要がある場合を除き、当社は当社およびカード取扱店のウェブサイトに掲出する方法で、取扱の制限に関して公表するものとします。
  2. お客様は、停電、電気通信回線の途絶、システム障害その他のやむを得ない事情により、予告なく、本カードの入金、利用もしくは残高の全部または一部について取扱ができない場合があることをあらかじめ承諾するものとします。
  3. 前2項により本カードの取扱が制限されることからお客様に損害が生じた場合であっても、当社は一切の責任を負わないものとします。ただし、当社に故意または重過失がある場合を除きます。

第14条(反社会的勢力の排除)

  1. お客様は、本カードの発行時点および利用の時点で、以下の各号(以下、これらを総称して「反社会的勢力」といいます。)のいずれにも該当しないことを表明し確約します。
    1. 暴力団
    2. 暴力団員および暴力団員でなくなったときから5年を経過しない者
    3. 暴力団準構成員
    4. 暴力団関係企業
    5. 総会屋、社会運動標榜ゴロ、特殊知能暴力集団等
    6. 前各号の共生者
    7. その他前各号に準ずる反社会的な集団または個人
  2. お客様は、将来にわたり反社会的勢力に該当しないこと、反社会的勢力を不当に利用しないこと、反社会的勢力に資金提供その他の利益を供与しないこと、自らまたは第三者を利用して以下の各号のいずれかに該当する行為を行わないことを誓約します。
    1. 暴力的行為要求
    2. 法的な責任を超えた不当要求行為
    3. 取引に関して、脅迫的な言動をなし、または暴力をふるう行為
    4. 虚偽の風説を流布し、偽計を用いまたは威力を用いて当社またはカード取扱店の信用を毀損しまたはその業務を妨害する行為
    5. その他前各号に準ずる行為
  3. 当社は、本条第1項の表明が誤りであるおそれがあると認めるときには、お客様に対して当該事項に関する報告または説明を求めることができるものとします。お客様は、当該請求を承けたときには、当社に対し合理的な期間内に、書面その他当社が求める方法により報告または説明を行うものとします。
  4. 当社はお客様が本条1項各号に該当している疑いがあると認めた場合、本カードの利用を一時的に停止することができるものとします。

第15条(損害賠償)

当社は、当社の故意または重過失による場合を除き、本カードの取引においてお客様に損害が発生した場合であっても責を負わないものとします。

第16条(合意管轄裁判所)

本約款に基づくご利用および取引に関してお客様と当社との間に紛争が生じた場合、お客様の住所地および当社の本社、本部または支店を管轄する簡易裁判所または地方裁判所を第一審の合意管轄裁判所とするものとします。

第17条(本約款の変更)

  1. 当社は、60日以上の予告期間をもって、当社およびカード取扱店のウェブサイトに掲出する方法、その他相当な方法により公表することによって、本約款を変更できるものとします。
  2. 前項の規定にかかわらず、特に緊急の必要がある場合またはお客様に不利益とはならない変更の場合には、当社は前項の予告期間を短縮し、または予告期間を設けることなく本約款を変更することができるものとします。この場合、当社は遅滞なく変更後の本約款を当社およびカード取扱店のウェブサイトに掲出するものとします。

以上

Copyright © 2016 MARUYAMA COFFEE Co.,Inc. All Rights Reserved.

↑ TOP ↑