2016年9月6日

長野店:”しもきた茶苑 大山” × 丸山珈琲 コラボイベント第1弾
『茶師十段のかき氷』【9/17】

皆さまこんにちは。

丸山珈琲MIDORI長野店の丸山未央と申します。

本日は皆さまに9月17日に丸山珈琲長野店にて開催される、”しもきた茶苑 大山”さまと特別にコラボレーションした丸山珈琲初の【かき氷イベント】をぜひともご紹介したく、ブログを書かせていただきました。

“しもきた茶苑 大山”さまは東京下北沢にあり、連日入店困難な日本茶の名店です。そこの代表を務めていらっしゃるのが、日本に13名程度しかいないという「茶師十段」のお一人である大山泰成氏です。

今回は、そんな大山氏をお迎えし、”スペシャルティコーヒーと日本茶との親和性”を皆さまに楽しんでいただくイベントとなっております。

大山氏と丸山珈琲代表の丸山健太郎は同じ農作物を扱うバイヤーとしてお互いの分野や仕事を尊敬しあい、信頼関係を築いてきました。そして今回、念願だった【かき氷イベント】がついに実現することとなりました!

 

私は、そんな”しもきた茶苑 大山”さまのかき氷を待ちきれず、イベント前に一足先に東京まで食べに行ってきました。そして、今まで私の中にあったかき氷のイメージがガラっと変わる本当に美味しいかき氷に出会うことができました。

それがまさしく”しもきた茶苑大山”さまの「微糖抹茶」のかき氷でした。 image1 (4)

そのかき氷はとても美しく、そして驚いてしまうほど大きいのです。ゆうに高さが20センチ以上はあると思います。

とても大きいのにお皿から崩れることがなくこんもりと盛られたかき氷は新雪のように白く、ふわふわとしていて、添えられている微糖抹茶のシロップはムースのような泡状のエスプーマなので上からかけると溶け込んでいくことがなく、きれいに表面に広がり、かき氷が帽子をかぶったかのようになります。

とてもきれいで食べるのがもったいなくなるのですが、一口食べると、もう止まらなくなります。羽のように軽いかき氷は口の中にいれるとすぐにふわっとなくなり、一口食べるごとに抹茶の濃厚な風味が口の中いっぱいに広がり、なんとも言えない幸せな気持ちになりました。

氷も美味しいのですが、まさにお茶を味わうためのかき氷です。本当に至福のひと時でした。

 

今回のイベントでは、この「微糖抹茶」を更にアレンジしたものと、長野を感じることのできるこのイベント限定のかき氷も登場する予定です。私も今からとても楽しみです。

こちらのイベントは”しもきた茶苑 大山”さまのかき氷が長野県で食べられる貴重な機会ですので、ぜひ皆さまにお召し上がりいただき、驚きと感動を味わっていただければと思います。「茶師十段」のつくる素材を活かしたかき氷とスペシャルティコーヒー の組み合わせをお楽しみください。

繰り返しとなりますが、当イベントは「長野店(青木島)」開催となります。MIDORI長野店とお間違えの無いようご注意ください。

皆さまのご来店をお待ちしております。

  

  • “しもきた茶苑 大山”  ✖ 丸山珈琲  コラボレーションイベント第一弾
         【茶師十段のかき氷】      

  • 開催日時 : 2016年9月17日(土) 11:00~17:00
  • 開催場所 : 丸山珈琲長野店 ( 店舗情報 )
  • 杯数:数量限定
  • *なくなり次第終了となります。ご了承ください。