2019年7月1日

プレスリリース:農園主の情熱が詰まった「シングルオリジンアイスコーヒー」2種を7月1日(月)より順次販売開始!

 

農園主の情熱が詰まった「シングルオリジンアイスコーヒー」2種を

7月1日(月)より順次販売開始!

今年は、ケニアのキアンジュキ生産処理場のコーヒー(中煎り)、
コスタリカの生産者ファン・ラモン さんのコーヒー(深煎り)を贅沢に使用しております。

 

株式会社丸山珈琲(⻑野県北佐久郡軽井沢町軽井沢代表:丸山健太郎)は、丸山珈琲が厳選したシングルオリジン(単一農園や生産処理場)のコーヒー豆を贅沢に使用した「シングルオリジン アイスコーヒー」を7月1 日(月)より順次販売開始します。

 

メイン

 

農園主の情熱が詰まったシングルオリジンコーヒーの多彩な味わいをアイスコーヒーでもっと身近にお楽しみいただけます。グラスに注ぐだけで本格的な味わいを楽しめる夏にぴったりの商品です。

 

■キアンジュキ(中煎り/ケニア)

Kianjuki4-640x457

今回販売するシングルオリジンアイスコーヒー(中煎り)は、キアンジュキ生産処理場のコーヒーです。
キアンジュキ生産処理場はナイロビから北へ約150km、優良生産地エンブ県にあり、アフリカ大陸で2番目の標高を誇るケニア山(標高5199m)の西傾斜地にあります。 このエリアは火山性土壌などコーヒーの生産に恵まれた環境にあります。
チェリー、カシスの風味。厚みのある口当たりと爽やかな後口が特徴です。

 

■ファン・ラモン ブルボン(深煎り/コスタリカ)

jaun-ramon-345x345

今回販売するシングルオリジンアイスコーヒー(深煎り)は、コスタリカの生産者ファン・ラモン氏が運営するブルマスマイクロミルのコーヒーです。
現在、コスタリカには200以上のマイクロミルがありますが、2001年にファン・ラモンさんによって設立されたブルマスマイクロミルは、当時コスタリカで2番目にできた マイクロミルでした。
ファン・ラモンさんは、農学博士でもあり、現在コスタリカのマイクロミルでは、大変ポピュラーな生産処理方法である、「ハニープロ セス」を確立し、普及させた方でもあります。2012年コスタリカ・カップ・オブ・エクセレンスでは、見事優勝されました。 現在は、自ら生産者でありながら研究を重ね、周りの生産者の方々への指導も行っています。
ファンラモンさんのシングルオリジンアイスコーヒーをぜひお楽しみください。

 

【商品情報】

kenya1
 
銘 柄:シングルオリジンアイスコーヒー キアンジュキ(中煎り/ケニア)
発売日:2019年7月1日(月)
価 格: 単品 1,458円(税込)
容 量:1.0L
販売場所:丸山珈琲直営店全店・丸山珈琲オンライン(http://www.maruyamacoffee.com/ec
 
costa rica1
 
銘 柄:シングルオリジンアイスコーヒー ファン・ラモン ブルボン(深煎り/コスタリカ)
発売日:2019年7月15日(月)
価 格: 単品 1,458円(税込)
容 量:1.0L
販売場所:丸山珈琲直営店全店・丸山珈琲オンライン(http://www.maruyamacoffee.com/ec
  
 
 
 

 

【こちらのプレスリリースに関してのお問い合わせ】

下記、URLよりご連絡をお願い致します。

 https://www.maruyamacoffee.com/contact/press/