2018年7月11日

プレスリリース:2018年コスタリカCOE1位ロットをCOE史上最高価格で共同落札【7/10】

 

20187月吉日

丸山珈琲が国際オークションにて

COE史上最高の2倍以上の価格で共同落札

costa_rica_coe

株式会社丸山珈琲(長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢代表:丸山健太郎)は、2018710日深夜に開催された国際インターネットオークションにおいて、コーヒー生豆の国際品評会「2018年コスタリカカップオブエクセレンス(COE)」にて見事1位を獲得した、リカルド・カルデロン氏(ドン・カイート農園)のコーヒーをCOE史上最高価格の2倍以上の1kg73,000円(総額1,750万円)で株式会社猿田彦珈琲と株式会社山田珈琲とともに共同落札しました。

 

COE史上最高価格で共同落札したコーヒー
最高品質のコーヒー豆を決める品評会(COE)にて見事1位に輝いた、生産者のリカルド・カルデロン氏は、2011年にもCOE1位になっている優良生産者で、丸山珈琲では2010年より毎年リカルド氏のコーヒー豆を買い付けています。

 

カップオブエクセレンス(COE)とは?

生産国ごとに、その年の最高品質のコーヒー豆を決める品評会です。入賞した豆がネットオークションにかけられることがCOEの特徴で、世界中のバイヤーが最高の豆を落札しようと入札に参加します。良質な豆をつくれば正当に評価され、品質に見合った金額で販売されることを示したこの仕組みにより、生産者の意欲と栽培ノウハウが向上し、各国でスペシャルティコーヒーの品質が急速に高まりました。代表の丸山健太郎はCOEに世界で最も多く参加している国際審査員であり、丸山珈琲は過去132回のCOE1 位の豆を59 回、共同または単独で落札しています。