2013年10月27日

すべてを支える “製造チーム”

みなさま、こんにちは。
三代目 ブログ管理人です。

 

「コーヒーの仕事」というと、何を思い浮かべますか。

8756414815_00f0d3db30きっと「バリスタ」の姿を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。バリスタは、お客様の目に触れる仕事ですから、それは不思議ではありません。

店頭であればコーヒーの魅力・美味しさを最終的にお客様にご紹介・お届けするのはもちろんバリスタですが、通信販売のような場合にはまた別の話しです。

 

すべてを支える “製造チーム”

店でも通信販売であっても、それを支えるとっても大切な役割を担っているチームがあります。それこそが「製造チーム」です。「コーヒーの製造」というと「焙煎」のイメージが強いかもしれませんが、丸山珈琲でいう「製造チーム」とは ①焙煎 のほか、②受注チーム③パッキングチーム④発送チーム⑤品質管理総じて「製造チーム」と言っています。もっと広義に考えれば、素材(コーヒー豆)を仕入れるバイヤーや輸入業務担当者も製造チームととらえることができます。

製造チームは、お客様の前に立つサービスセクションではないため、一般の方にはあまりその全貌が分かりにくいかもしれません。

 

 

そこで 製造チームを紹介 ……

8756339387_a6962ff269

現在、丸山珈琲では、「製造チーム」スタッフの採用募集を行っています。今回は、その製造チームの姿・仕事内容を簡単にご紹介させていただきますので、興味ある方はぜひ、お気軽にお問い合わせください!

 

丸山珈琲の製造拠点は、ここ(右写真)小諸店と同じ施設 にあります。お客様がご利用いただける「喫茶(カフェ)」スペースとはエリアを分けて同じ店舗内にそのすべてがあります。

 

①焙煎チーム

10415731596_26f77615ca 10415726275_f99f8eef8d

10415722784_3f39273e93

(上写真:小諸の生豆保管施設)

上の写真のように、丸山珈琲が海外から直接輸入したコーヒーの生豆は、みなさんのよく知る麻袋等に入った状態で保管されています。すべてがここにあるわけではなく、輸入した豆は別の場所の倉庫に一旦保管されているため、日々の焙煎に必要な豆を切らしてしまうことのないよう、各倉庫にある生豆の在庫管理がとても重要です。

 

その日 焙煎される生豆は、焙煎の直前に異物等の混入がないか、目視でも、そして機会を使っての選別チェックも行われてはじめて、焙煎機のところまで運ばれていきます。

 

 

10415699455_d0fa8bc167焙煎はその名のとおり、生豆を焙煎し、店やお客様に届けられる「コーヒー豆」という商品を作っているチームです。ただ豆を焼いているわけではなく、味わい作りを行っているところだと言った方が分かりやすいでしょうか。美味しさの要である焙煎人には、それ相応の経験と技術を必要とし、味わいや豆の善し悪しを見極めることができなければいけません。

10415729083_24d601b24d

焙煎には、焼くということだけでなく、日々の焙煎計画や、焼きあがった豆の在庫管理も重要です。特に丸山珈琲では、基本的には受注生産で在庫を抱えないため、その計画と管理がなお重要です。

直営店で販売しているブレンドのほか、卸先様のオリジナルブレンドに、短期間で入れ替わるシングルコーヒーを毎日数多く焙煎しているため、焙煎計画や各ブレンドを作る焙煎チームのスタッフの役割も欠かせません。

10415536314_1f0b5ec28e 10415773064_ea8955338d 10416019773_7c226c98f9

誰もがコーヒーに求める ” 美味しさ ” を作り出す焙煎は、その焙煎技術を習得するまでの下積みと、それを目指し追求し続ける焙煎人ひとり一人の ” 志 ” がとても大切です!

それだけ、誇りとやりがいある 仕事です! 

 

②受注チーム 

10416094443_a468fc497b

店頭販売以外では、すべてはこの受注チームのいる受注センターにご注文をいただいたところから始まります。

一般のお客様だけではなく、卸先様からのご発注に、毎月のセミナーやイベントのご予約など、お客様のオーダーはこの受注センターに集まってくるのです。

 

10415938165_a24576a23b

そのため、受注センターのスタッフは、常連のお客様のお好みや、販売商品の特徴を把握することが必要で、多くの情報をもとにお客様のご要望をお受けしています。

そんなお客様よりお受けしたご注文・ご要望など、それを他の製造チームに的確に指示伝達するのも受注センターの役割です。

店以外の場でお客様と直接会話する受注センターは、店同様ひとり一人のお客様に合わせた思いやりと接客サービスを行う “丸山珈琲の顔” でもあります。

 

③パッキングチーム

10415916106_680d196c71受注センターが受けたお客様毎のご注文データを受けて、それに基づき、商品を作り上げるのがパッキングチームの役割です。

10415900506_76874b1d05

 

 

 

 

 

こちらは普段お客様には、特にご覧いただくことができない丸山珈琲の第一パッキングルームで、白衣とマスクを着用したスタッフが何人もいます。

コーヒー豆は、同じ豆のご注文でも「豆か粉」、粉の場合でも「どのくらいの粒度(メッシュ)」、「容量」、「製造年月日の確認と賞味期限の表記したラベルの貼付」、直営店のパッケージばかりでなく卸先様毎のオリジナルパッケージに豆を詰めて、ご注文ごとに商品をまとめていきます。

コーヒー豆はパッキングチームのところで初めて ” 商品としての価値 ” がうまれます!

10415852483_c92b861e96 10415866754_228c87d183 10415761814_a13de60927

 

④発送チーム 

10415506894_d72ef3008c

 パッキングチームが作った商品、個々のご注文単位にまとめられてお客様のもとへ発送されていきます。

10415510445_85f62415ed

「発送」といっても、ご注文内容と商品が一致しているか、またコーヒー豆以外にコーヒー関連器具のご注文もいただいていれば、その器具の検品を行い同梱します。いわば、お客様のお手元にとどく商品の最終チェックを行う重要な役割を担っています。

10415930465_a37c04ba8aそれだけではありません。

商品に使用されるパッケージ(袋)や包装資材、器具の仕入れと在庫管理も行い、発送商品がギフトの場合であれば、箱詰めやラッピングなども発送チームが担っています。

10415707716_82d6e6d5c3 10415897074_9e0ce20390

そして、個別に梱包された商品は、全国のお客様・卸先様のもとへ発送されていくのです。もちろん全国の丸山珈琲の直営店のコーヒー豆も同じように出荷されていきます。

豆や器具、贈り物に添えられたご注文者のメッセージなど、様々な想いや商品すべてを “一つのカタチに整え” お客様の手元にお届けしています。 

10415542655_4744e200e7 10415680493_c04fd75805

⑤品質管理

6810514773_3f06bb773a商品はお客様に発送・お届けして終わりではありません。

製造には各段階において品質の維持・管理に万全を期しておりますが、繊細なコーヒーだからこそ季節や環境の変化が味わいに及びす影響を日々管理することがとても重要です。

 

お客様からお問い合わせいただいた疑問やご質問に基づくお届け商品の品質チェックのほか、施設環境や使用器具による違い、店においては提供するバリスタの抽出技術・抽出したコーヒーのチェックを行う品質管理は、日々の安全管理とアフターケアによって、お客様に安心してご愛飲いただくために欠かすことのできない最も重要な役割を担っています。

 

そんな品質管理には、焙煎やバリスタの経験とコーヒーに関する幅広い知識が求められ、誰でもすぐにはなることのできない仕事です。

 

● 製造チームスタッフ募集について …

製造チームに所属するスタッフは、会社全体の約30%を占める最も大きなセクション。現在、そんな「製造チームスタッフ」の採用募集を行っていますので、ぜひ お気軽にお問い合わせください。

製造チームでは、チームを固定せず横断的に業務に従事することにより幅広い知識・技能の習得をしていただくことが可能です。

採用については、本人の適正や希望、経験に応じて総合的に判断をさせていただきます。

> 採用の詳細情報は コチラへ <