2016年5月25日

思いの丈ハガキ:代表の丸山が生産者の方々に届けています

皆さま、こんにちは。

丸山珈琲の広報です。

 

思いの丈ハガキ(表)タイトルの「思いの丈ハガキ」をご存じない方も多いかもしれません。

昨年2015年は、日本と中米5カ国(グアテマラ、エルサルバドル、ホンジュラス、ニカラグア、コスタリカ)が外交関係を樹立してから80周年の年でした。

それを記念し、日本と中米統合機構(SICA)が2015年を「日・中米交流年」と定め、様々な分野で交流事業を実施。その認定事業のひとつとして、当社が申請した、お客様に中米コーヒーをより知っていただくことを目的とした「中米コーヒー・フェスティバル」という事業が認定を受けることができ、実施をいたしました。

>>中米コーヒー・フェスティバル」についてはこちら

 

その事業の一環で「思いの丈ハガキ」という企画を行いました。

昨年開催させていただいた中米産コーヒーの無料試飲会の場で、この「思いの丈ハガキ」を配布させていただき、その試飲会でお召し上がりいただいた中米のコーヒーの感想や生産者の方へのメッセージをその場でご記入いただき、生産者と直接交流関係をもつ丸山珈琲が、お客様のメッセージをお預かりし、直接生産者にお届けするというものです。

>>「思いの丈ハガキ」についてはこちら

この事業は2015年で終了し、ご参加された皆さまからお預かりした生産者の方へのお手紙を今年に入ってから、代表の丸山が中米各国への出張時に直接手渡しでお届けしております!

今回、つい先日まで丸山が出張に行っておりましたコスタリカとホンジュラスにてお渡しした際の写真を以下に載せておりますので、ぜひ、ご覧ください!


 ラ・リアマイクロミルのルイスさんと娘さん1コスタリカ・ラ・リアマイクロミルの
ルイスさんと娘さん

 

 

 

 

 

 

コスタリカ・ロス・アンへレスマイクロミルのオーナーの息子さんのディエゴさんコスタリカ・ロス・アンへレスマイクロミルをオーナーのお父様と運営されているディエゴさん

 

 

 

 

 

 

コスタリカ・グラニートス・デ・アルトゥーラ・デル・オルティスマイクロミルのオーナー、オマルさん 昨年2015年に小諸店にもいらしてくださった、コスタリカ・グラニートス・デ・アルトゥーラ・デル・オルティスマイクロミルのオーナー、オマルさん

 

 

 

 

 

 

コスタリカ・ドンマーヨ_加工 コスタリカ・ドン・マーヨマイクロミルのオーナー、エクターさんと娘さんのマリアさん。マリアさんはコスタリカのバリスタチャンピオンに2度輝いた経歴を持っています。

 

 

 

 

ブルマスマイクロミル ファンラモンさん_加工2丸山珈琲ではお馴染みのコスタリカ・ブルマスマイクロミルのオーナー、ファンラモンさん

 

 

 

 

 

 

ホンジュラス・オーランド・アリータさん_加工

 ホンジュラスのオーランド・アリータさん。アリータさんのお名前は、祖先に日本人の方がおり、日本の名字である【ありた】に由来しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホンジュラス・サロモン・メヒアさん_加工

 ホンジュラスで買付けを行う際にも大変お世話になっているサロモン・メヒアさん

 

 

 

 

 

 

 


本企画にご参加いただいた皆さま、本当にありがとうございました。

生産者の方々もご自身のSNSで感謝の言葉を綴ってくださったりと、大変喜んでくださいました。

このような企画をとおし、中米のみならず、生産者の方や産地を少しでも身近に感じていただけると大変嬉しく思います。

 

今後もこういった皆さまと産地・生産者を繋ぐ企画を開催させていただきたいと思っておりますので、どうぞ、お楽しみに!