2018年6月10日

MIDORI長野店・松本店:中山サイフォニスト チャンピオンサイフォンコーヒー抽出イベント【6/12,13,21,22】

 皆さま、こんにちは。サイフォニストの中山です。

JSC2018_nakayama

 

 5月に開催された ジャパン サイフォニスト チャンピオンシップ(JSC)2018 優勝のあと、たくさんの方からお祝いのお言葉をいただきました、誠にありがとうございます。

皆様からのご声援に感謝し、この度、下記の日程において、サイフォンコーヒーを提供させていただく機会をいただきましたのでご案内申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

・・・・中山サイフォニスト チャンピオンサイフォンコーヒー抽出イベント・・・・

MIDORI長野店  6月12日(火)、13日(水)の二日間

松本店  6月21日(木)、22日(金)の二日間

 全日 10:00~20:00(22日のみ18:30まで)

 

| 特別提供コーヒー:アグロ・タケシ農園のゲイシャ種

 このイベント開催にあたり、特別なコーヒーを提供させていただきます。

それがボリビア共和国にある、アグロ・タケシ農園のゲイシャ種です。

ファンのお客様も大変多いアグロ・タケシは極めて高地にある独特の栽培環境、そして丸山珈琲とも長いお付き合いのある農園です。

→ 2014.6.6「ボリビア・アグロ・タケシとのユニークなストーリー」をご覧ください。

 

スクリーンショット 2018-06-10 14.38.39

 Iturralde

 

今回、このアグロ・タケシ農園のゲイシャ種をサイフォンで提供できる機会を一番喜んでいるのは私かもしれません。丸山珈琲のバイヤー丸山が特別な想いでご紹介させていただいている「BUYER’S SELECTION」の記念すべき第一弾でご紹介したのも、このアグロ・タケシのゲイシャでした(2014年)。

初めて焙煎したときの様子が → 2014.6.30「ボリビア・アグロ・タケシ・ゲイシャ 焙煎・出荷」の記事で紹介されていますが、その場に居合わせることができた私は、それをテイスティングするバイヤー丸山に焙煎チームメンバーが、テイスティングと同時に思わず笑顔になるその様子が忘れられません。

花のような香りのするゲイシャ種ですが、私もテイスティングさせていただいたとき、アグロ・タケシのゲイシャ種は今までに感じたことのないほどのフローラル感、まさに香水のようでした。

  

JSC2018_11 JSC2018決勝の私のテーマは、まさに「豊かな香り」でした。

高温で、短時間に抽出するサイフォンのコーヒーは、アロマやフレーバーが豊かですっきりとした味わいが特徴です。

そんなサイフォンで淹れるアグロ・タケシ農園のゲイシャ種は、過去のイベントで提供させていただいたとき、提供前の味わいチェックしただけでも香りが口いっぱいに広がり、長い香りの余韻が口の奥からわいてきたのを覚えています。

 

今回のロットはどんな素晴らしい風味を楽しませてくれるのか、私もワクワクしています。

感謝の想いをアグロ・タケシのゲイシャ種のコーヒーに込めてご提供させていただきます。

ぜひこの機会に、サイフォンコーヒーをお楽しみください。 

スタッフ一同皆さまにお会いできるのを心より楽しみにしております。ぜひ、多くの皆さまのご来店をお待ちしております。

 

 ※「ボリビア・アグロ・タケシ」は、現在の銘柄名称では「カルロス・イトゥラルデ」でご紹介させていただいております。

 ※当イベントでは直営店では未発売の銘柄を先行して特別に喫茶提供いたします。

 ※シフト時間中、休憩時間など店頭にいない時間帯もございます。