2017年11月17日

サイフォンイベント:メゾン ドゥ ファミーユ 大阪高島屋店【12/2,3】

IMG_1262みなさま、こんにちは。
丸山珈琲 広報です。

今回は、これまでに数回開催し、毎回大変ご好評をいただいております大阪高島屋店4階 にある「MAISON DE FAMILLE(メゾン ドゥ ファミーユ)」さんでのサイフォンコーヒー提供イベントのお知らせをいたします。

  

 

| MAISON DE FAMILLE は…

パリに本店、日本でも全国9カ所に店舗を構え、家具、インテリアデコレーション、テーブルウエア、ホームウエアまで幅広く展開し、”家という空間をトータルコーディネート”されているブランド。
日本の各店舗において、丸山珈琲の商品をお取扱いいただいております。

 

IMG_1254

こちらの大阪高島屋店は、2015年8月にカフェを併設した店舗としてオープンし、丸山珈琲が特別に作成した「ファミーユオリジナルブレンド」をはじめ、数種類の丸山珈琲のコーヒーをフレンチプレスで提供しています。

 

  • ・・・・・・・・・・・・ Siphon Coffee Event ・・・・・・・・・・・・
  • 2017年122日(土)〜3日(日)

 思わず長居してしまいそうな素敵なカウンターが広がり、そこで香りとともにサイフォン抽出を眺めながら味わうひとときは、非日常を楽しむことができます。幻想的な光サイフォンを使用し、2017年ワールドサイフォニストチャンピオンシップ(世界大会)で準優勝に輝いた矢橋伊織サイフォニストが2日間限定でサイフォンコーヒーを提供いたします。

 

meson矢橋 伊織 サイフォニスト 

  • 2017年 ジャパン サイフォニスト チャンピオンシップ 優勝
  • 2017年 ワールド サイフォニスト チャンピオンシップ 準優勝(世界第2位)

 

 

 

 

  

ぜひ、味わいとともに、サイフォニストの動きや見た目にも華やかなサイフォンの抽出の様子もご一緒にお楽しみください。

皆さまのお越しをお待ちしております!

 

  • 期 間 : 2017年12月2日(土)~3日(日)期間限定!
  • 店舗名 : メゾン ドゥ ファミーユ 大阪高島屋店 4F ( → 店舗情報
  • 住 所 : 542-8510 大阪市中央区難波5-1-5 大阪タカシマヤ4F( → 地 図
  • イベント実施時間 : 各日13:00〜17:30(営業時間 10:00〜20:30)
  • メニュー 900yen〜
  • 現在、同店で提供中の丸山珈琲の各コーヒーメニューに加え、期間限定のクリスマスブレンドをご用意いたします。
  •    

     

2017年11月15日

2017年 世界大会 準優勝 鈴木バリスタ/矢橋バリスタによる提供イベント

皆さま、こんにちは。

丸山珈琲広報です。

先日行われたワールド バリスタ チャンピオンシップ2017において鈴木バリスタが、
先月行われたワールド サイフォニスト チャンピオンシップにおいて矢橋バリスタが見事準優勝(世界第2位)に輝きました!大会期間中におきましては皆さまのあたたかなご声援、誠にありがとうございます。

今回感謝の意味も込めまして、それぞれ世界大会のために用意したコーヒー豆を使用したの特別提供イベントの開催が決定いたしましたので、ご紹介いたします。

 

WBC2017準優勝 鈴木バリスタ・

WSC2017準優勝 矢橋サイフォニストによる提供イベント

  • ―――WBC2017準優勝 鈴木バリスタによる提供イベント―――

リリース1

【日時 / 場所】

11月15日(水) 14:00〜20:00 西麻布店
    16日(木) 14:00〜20:00 西麻布店
    17日(金) 14:00〜20:00 西麻布店
    20日(月) 13:00〜19:00 小諸店
    21日(火) 10:00〜15:00 小諸店
                     

【メニュー】 
エスプレッソ 1,080円(税込)2杯提供
ミルクビバレッジ 1,080円(税込)
シグネチャードリンク 1,260円(税込)
3杯セット 2,500円(税込)

    

  • ―――WBC2017準優勝 矢橋サイフォニストによる提供イベント―――

yahashi1

  •  価格:サイフォンコーヒー 1,188円(税込)
  • ※カップ1杯分でのご提供となります
  • ※ 内容は予告なく変更になる場合もございますので、ご了承くださいませ。

 

世界大会を終えたばかりの両バリスタのコーヒーをぜひお楽しみください!

皆さまのご来店をお待ちしております!

 

 

 

2017年10月12日

JBC2017 決勝報告:櫛浜 健治バリスタ(第3位)

先月に開催された「ジャパン バリスタ チャンピオンシップ(JBC)2017」において第3位に入賞した櫛浜バリスタ(東京セミナールーム)より、ご声援いただいた皆さまへのお礼のメッセージが届きましたので、ご紹介させていただきます。


皆さん、こんにちは。

東京セミナールームの櫛浜です。

先月9月21日に行われましたジャパンバリスタチャンピオンシップ2017において3位入賞という結果になりましたことをご報告いたします。現在は東京セミナールームではなく表参道Single Origin Storeに勤務していることが多く、皆様から競技を見たというお声を思っていた以上にかけていただき、たくさんの方々に応援していただき、支えられていたのだと改めて日々感じております。
ありがとうございます。

 

blog1私はこのジャパンバリスタチャンピオンシップには2006年から出場しており、出場していない年もあるため今回が出場10回目という年でした。10回と区切りもよく、何としてでも結果を出そうとトレーニングに取り組みました。

今までは本番で大きなミスがあったり、アクシデントに見舞われたりと力を出し切れずに終わることが多く、それが自分の課題でもありました。今回、社内外のたくさんの方たちに協力をしていただき、決勝の競技を終えた時に今の自分の力は出し切れたと感じました。

しかし、結果は3位。

優勝を目標としていたので悔しい結果ではありますが、力を出し切れず終わっていた今までよりは前に進めたのではと思っています。

 

今回の競技で私が使用したコーヒーはホルヘ・メナ 2017年コスタリカCOE1位です。このコーヒーをより美味しくするにはというトレーニング中の3つの取り組みをプレゼンテーションにしました。

 

blog2最初に取り組んだのは生豆の選別、このコーヒーはゲイシャ種で生豆の形状にて選別を行いました。

ゲイシャ種というと長細い豆の形状イメージですが、パナマのゲイシャもこのコスタリカのゲイシャも長細いものと通常の楕円形のものとが混在しています。形状別に分けたものをカップすると味わいが異なっていたためそれぞれのドリンクに最適な割合にて再配合し抽出を行いました。

2つ目の取り組みは抽出する前の豆をドライアイスで冷やしました。冷やすことにより常温で挽くものと粒度分布が変わり、コーヒーの成分をより引き出すことが可能になりました。

そして、3つ目は焙煎への取り組みです。セラーと呼ばれる定温庫にて焙煎前の生豆を保管し、焙煎前の生豆の温度を一定にすることで焙煎に一貫性を持たせました。

これらの取り組みでエスプレッソはとても甘く、オレンジやパッションフルーツ、ピーチやパパイアといった印象でした。

 

大会でご協力いただいた方々に結果では応えることができませんでしたが、何か違うカタチで皆様に還元できるよう頑張っていきたいと思います。

皆様、ありがとうございました。


 現在櫛浜バリスタは表参道 Single Origin Storeに勤務している事も多く、ぜひ櫛浜バリスタのエスプレッソドリンクを表参道で体験してみてはいかがでしょうか。

 

2017年10月6日

尾山台店:5周年ブレンド”作成秘話” 後編

皆さま、こんにちは。丸山珈琲広報です。

おかげさまで丸山珈琲尾山台店は、10月1日に無事に5周年を迎えることができました!いつも支えてくださっている皆さまのおかげです。誠にありがとうございます!

先日よりお伝えしておりますとおり、5周年を記念し、尾山台店スタッフが特別に「5周年ブレンド」を作成いたしました。

完成に至るまでのスタッフの様々な想いを、ブログにてご紹介しております。(前編はこちらから)

今回は後編です。ぜひご一読ください。

—————————————————————–

皆さまこんにちは。
尾山台店スタッフの渡邉&高須賀です。

とうとう10月!!
10月1日で尾山台店は無事に5周年を迎えることができました。
そして、同日より5周年特別『オーロラブレンド』の販売が始まりました。
※オーロラブレンドは尾山台店店頭のみの販売となります。

早くも、オーロラブレンドを目当てにご来店されるお客さまがいらっしゃったり、「おいしい!」と、嬉しいお声をいただくなど、本当に多くのお客さまにご好評いただいております!

 

それでは、前回のブログに続き、なぜ「オーロラ」が採用されたのかご紹介いたします。

特別ブレンド作成にあたり、
尾山台店スタッフから集められた数々の案、、、12案ほど、、、
地元にちなんだもの、お客様の姿を思い浮かべたもの、が多い中、
名前に込められた『想い』が一番強く、尾山台店の5周年ブレンドとして
素晴らしくマッチしているということで、投票の結果『オーロラ』が選ばれました。

 

では、なぜオーロラという名前なのか??と申しますと、

この記念すべき機会に特別で素晴らしいコーヒーをブレンドして
普段、深煎りを好んで飲まれるお客さまにも『様々なフルーツフレーバーを感じていただけるブレンドを作ろう!!』というコンセプトから始まりました。

 

最初は、様々なフルーツを夜空を彩るオーロラの美しさに例え『オーロラ』と名付けましたが、
色々と模索する中「オーロラ」というフルーツ(洋梨)の存在が浮上しました。
なんとこのフルーツ、尾山台店がオープンした10月の誕生果でした!
さらに、フルーツにも花言葉のような果実言葉があるのですが、このオーロラは「信頼」でした。

まさに、こんなにもピッタリな名前はほかにはなかったのです!!

なぜなら、丸山珈琲のコーヒー豆は、オーナーの丸山が生産者の方々と長年かけて築きあげた信頼関係があってこそ取り扱うことのできるからです。
その信頼関係がなければこんなすばらしいコーヒーをお客さまにお届けすることはできません。

そんな、丸山と生産者の方々が築きあげた信頼関係を、
『尾山台店スタッフがこれから先もお客さまと築くことができるようになれば』という想いから2つの意味が込められた『オーロラ』という名前が付けられたのです。

そんな、5周年特別『オーロラブレンド』から感じていただけるフレーバーは
ラズベリー、ピーチ、プラムの風味。シロップの様な滑らかな舌触りと華やかな味わいです。
温度が変わることにより味わいが様々な表情を見せてくれます。
秋の夜長、幻想的で特別な味わいをゆっくりお楽しみください!!

 

尾山台店限定「オーロラブレンド」

◎販売期間:2017年10月1日(日)~10月31日(火)

◎販売価格(豆、粉)
100g:864円
200g:1,728円

◎店内喫茶価格
フレンチプレスコーヒー:669円

 

IMG_3404

上記の写真は、尾山台店スタッフが心を込めて作成した看板です。
それでは、皆さまのご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております!!

 

—————————————————————————–

 

2017年10月3日

JBrC2017 決勝報告:上山 薫バリスタ(優勝)

皆さまこんにちは。

丸山珈琲の広報です。

 

先月に開催された「ジャパン ブリュワーズカップ(JBrC)2017」において優勝した上山バリスタ(小諸店所属)より、ご声援いただいた皆さまへのお礼のメッセージが届きましたので、ご紹介させていただきます。


こんにちは。

小諸店の上山(カミヤマ)です。

先日行われたジャパンブリュワーズカップ2017において優勝することが出来ました。

blog_2皆さまの温かいご声援、ご支援、そしてお祝いのお言葉をいただき、誠にありがとうございます。多くの方たちにご協力・サポートしていただいたお陰で、無事に競技を行えたことに本当に感謝しています。

結果発表の時、名前が呼ばれた瞬間、私以上に喜んで泣いてくれたチームメイト、コーチ、サポーターの方たちの顔を見て、なんて素晴らしい方たちに囲まれてこの場に立てているんだろうと、幸せと誇りを強く感じました。丸山珈琲初のJBrCチャンピオンとなりましたが、私ひとりの称号ではなく、会社で、そしてチームで勝ち取った結果だと思います。

心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

 

さて、私が今回出場した大会の競技内容についてご説明します。

ジャパンブリュワーズカップとは、ドリップやサイフォン、エアロプレスなどの手動の器具であればなんでも使用して構わないというルールで、美味しいコーヒーを抽出する技術を競う大会です。そのため、そこにはバリスタの個性が表れ、コーヒーの魅力だけでなく、それぞれのバリスタが考える新しい抽出方法や理論、考察など、興味深い話がたくさん飛び出します。またこの大会は、2種目の競技を行なって、その合計スコアを競うという特徴があり、ここが他の競技会とは大きく違うところです。

 

1つは、必修サービス。

blog用1

オープンサービスの競技風景

器具は自由ですが、競技者全員が同じコーヒー、同じグラインダー、同じ水を使って抽出し、その味を評価します。ジャッジは完全にブラインドで、どの選手がどの器具を使ったかは知らされません。プレゼンテーションも行われず、純粋に抽出技術を競う競技です。そしてもう1つがオープンサービス。自身で用意したコーヒーを、プレゼンテーションを行いながら抽出をします。こちらは3名のジャッジをお客様と見立て、競技を行うため、味だけでなくプレゼンテーションも重要になってきます。

 

私はそれぞれの競技でエアロプレスとドリップ(V60)を使い分けて行いました。競技に合わせて器具・戦略を切り替えるのもこの大会の面白いところでもあります。

 

オープンサービスにおいて、私がテーマにしたものは「水」です。

水の違いによって味わいが変わるということをきっかけに、コーヒーの魅力を最大限引き出すための水を「作って」きました!

水の中に含まれるミネラルの量や割合によってコーヒーの味は変化します。そこで、コーヒーの抽出に必要なミネラル(主にカルシウムやマグネシウム)だけで構成されるカスタムウォーターを作成し、抽出を行いました。もちろんそのミネラルのバランスは、使用するコーヒーに合わせて配合し、試行錯誤の末、本番前日にようやくたどり着いたものです。言わば、この水自体が抽出器具となっており、狙ったフレーバーを引き出すことの出来る最高の武器でした。

使用したコーヒーは、『マリサベル・カバジェロ ゲイシャ ハニー』ホンジュラスのコーヒーです。とても明るく甘く、複雑な風味を持っており、ジャスミンの香りとまるでローズヒップを思わすフレーバーが特徴です。この味わいを引き出すために水はもちろん、挽き目や抽出方法など多くの事を検証しました。そして決勝の日にはなんとローズの香りまでもがあらわれました!

 

液体に溶け込んでいるコーヒーはおよそたったの1パーセント。残りの約99パーセントは水で出来ています。水がもたらすコーヒーの新しい可能性や発見、驚きを皆さまと共有したく、今回の競技を行いました。コーヒーはまだまだ知らないことばかりです。それこそ私達が知っているコーヒーの世界はまだほんの1パーセントだけかもしれません。そう思うとワクワクしませんか。まだまだコーヒーの魅力は尽きそうにありませんね。

blog_kamiyama未知なるコーヒーの世界を探検する冒険者のように、私はこれからもコーヒーと向き合ってまいります。

 

そして来年、世界大会に挑みます。

初めての経験、初めての挑戦。自分が果たしてどこまで行けるのか。

日本代表としての誇りと覚悟を持って精進してまいります。

引き続き、ご声援をよろしくお願いいたします。

 


 

 上山バリスタによる特別提供イベントも近日開催予定となっておりますので、どうぞ、お楽しみに。