① コーヒーの “ 産 地 ”

産地焙煎抽出お客様

 

産地を巡る直接買い付け
何より大切のは 生産者との 信頼関係

丸山珈琲提携 コーヒー農園丸山珈琲で扱うコーヒー豆は、オーナーの丸山健太郎が生産地に赴き、現地で直接買い付けを行っています。なぜなら、良質な豆を分けていただくためには、生産者とのコミュニケーションが最も大切だと考えているからです。

産地を足繁く訪問するのは、生産者との信頼関係を何よりも大切にしているから。時には生産者の家庭問題の相談にのり、家族同様のお付き合いをしています。このコミュニケーションこそが生産者の生活水準を安定させ、美味しいコーヒーを作るモチベーションの向上と品質の維持にも繋がります。バイヤーである丸山はこの買い付けと現地への渡航のために、年間約100〜150日をコーヒー生産国で過ごし、現地生産者とのコミュニケーションに費やします。

5542924906_667b4c3749_z 7092922767_2d26b641c2_z 8470014789_9d67b560a0_z
5206416934_f49e68092d_z 5205843787_bbe5ddcfbc_z 5206419210_2b4180cdfd_z
 

主な訪問国

インドネシア、エチオピア、エルサルバドル、グアテマラ、ケニア、コスタリカ、コロンビア、ニカラグア、パナマ、ブラジル、ブルンディ、ボリビア、ホンジュラス、メキシコ、ルワンダ

(五十音順)

nouen3nouen4nouen5